女性の悩み・病気  |

乳がんの早期発見を

乳がんは女性が心配する病気の1つで、癌の中で唯一自己検診が可能な癌です。その治療症状に関しては、正確な判断に左右されることとなりますので、早期発見を心がけて検査を早め早めに受けていくことが大切なことといえます。

早期発見のためには、マンモグラフィ検査と超音波検査があり、これらの検査を受けることでしこりが出る前に発見することが可能です。
マンモグラフィは乳腺専用のX線撮影機器です。2枚の透明なプラスチック板で乳房をはさんで圧迫し、薄く平らな状態にして撮影をおこないます。マンモグラフィの利点として、触診ではわからない早期の癌だけでなく、しこりとなる前の石灰化の状態もはかることができるということです。石灰化した状態はマンモグラフィでは白い点のようになって写ります。一方でX線を用いるため、妊娠している状態では適しません。

超音波診断は、人の耳で聞き取ることのできる範囲外の周波数の音を乳房に当て、そのエコーを画像として診断するものです。石灰化の状態を移すことはできませんが、妊娠中の人でも検査が可能である点と、乳腺は白く写りしこりは黒く写ることになるため、乳腺が発達している人の乳がんの発見には大きく役立ってくれます。
これらの検査で乳がんが見つかったところで治療症状が判明していきます。

繰り返しますが乳がんは早期発見で治療できれば十分に完治も可能な病気です。実際に、病気を克服し普通の社会生活をおくっている女性は沢山います。

治療法も沢山の選択滋賀あるのですが、乳がんの治療に代替医療を選択される方も多く、そのうち過半数以上が「アガリクス」の健康食品・サプリメントを選んでいるというデータがあります。アガリクスは一般的にいうところのキノコのグループの総称で、β-グルカンや豊富な栄養成分により、副作用などのつらい症状を緩和する効果を持っているとされています。注意すべきは原産地や生産方法により、品質が大きく異なるため、医療に利用する場合は高品質なものを選ぶように注意しましょう。


«    »